Nintendo 3DS 組み立て方法 徹底解説

Nintendo 3DSの分解後、組み立てる方法を沢山の画像を用いて徹底解説!
組み上げ方法を紹介しているサイトはなかなか無いので、是非参考にして下さい。

t
Twitterでツイート
f
Facebookで共有

注意点

ゲーム機の分解・修理・改造は、購入者本人が自分自身の範囲で実行するのであれば問題はありません。
しかし、下記のような場合はゲーム会社の権利を侵害したり、法律に違反する可能性があります。

(1) 改造したゲーム機をオークション等で販売する。(商標権や意匠権の侵害)
(2) 非純正の外装(例:クリア外装)で換装したゲーム機を販売する。(意匠権の侵害)
(3) 精度の高いコピー外装で換装したゲーム機を、新品をうたい販売する。(詐欺罪・意匠権の侵害)
(4) 分解歴のあることを隠して販売する。(詐欺罪。分解歴あり=ジャンクというのが一般的な認識)

『自己責任のもと自身のゲーム機でのみ実施し、販売・譲渡など周囲の人を巻き込まない』というのが大鉄則です。
各自が社会的モラルを遵守し、責任をもってこの記事を閲覧して下さい。

なお、改造には当然リスクが伴い、尚且つメーカー保証は一切受けられなくなります。
どのような損害・不利益が発生しても、管理人は一切責任を負えませんので、
これから実行することが自分にとって必要なことなのかを今一度よく考え、自己責任で実施して下さい。

0. 必要なもの

以下に必要なものを記します。
工具については管理人おすすめのものを紹介していますので、迷った際はポイントと合わせて参考にしてください。

ただしエアダスターだけは掲載のものをおすすめします!
液晶裏についてしまった埃をエアダスターで飛ばすわけですが、他のものだと白い噴出物で逆に汚れる可能性ありです。

必要なもの入手先ポイント
精密プラスドライバー(#0)アネックス(ANEX) 時計用精密ドライバー プラス0 No.77ドライバーは日本製の精密なものがおすすめ。
海外製の安価なものはネジ穴を痛め、取り返しの付かないことになる。
精密マイナスドライバーアネックス(ANEX) 時計用精密ドライバー マイナス0.9 No.70それほど出番はないが、あると便利
ピンセットクラフトツール 精密ピンセット(ツル首タイプ) 74047あったほうが良いが、最悪なくても良い
静電気防止手袋SANWA SUPPLY TK-SE8 静電気防止手袋なくても良いが、静電気でよくバチッとなる人はあると安心
エアダスターELECOM ダストブロワー ECO AD-ECOMW必須。液晶フレームについた埃の除去に仕様。
白い噴出物が出ないもの

1. アクセサリーの取り外し

3ds_assemble_13ds_assemble_2
まずは、外装(上画面)にヒンジやリングパーツを取り付けておきます。
そして、スピーカーのついた細いフレキシブルケーブルのみを通します。

3ds_assemble_33ds_assemble_43ds_assemble_5
次に残り2本のフレキシブルケーブルを束ねて、リングを通します。
黒いケーブルが外側になるように、2本のケーブルを丸め、リングを通しましょう。
ここは非常にややこしいので、画像をよーく参考にしてくださいね!
これで3本のケーブルがリングを通った状態になるかと思います。(画像3)

3ds_assemble_63ds_assemble_73ds_assemble_8
無線アンテナを取り付けます。
黒色のケーブルは、画像2・3のように○に引っ掛け、綺麗に線を配置していきます。

3ds_assemble_93ds_assemble_10
ここでようやく上画面液晶ユニットやカメラを外装に取り付けます。
次に、コネクタ基板に2本のフレキシブルケーブルを接続します。

2. 本体上部の組み上げ

3ds_assemble_113ds_assemble_13
3D可変スイッチ基板を元の位置に取り付け、ネジで固定します。
またLEDパーツも画像のように、元の位置に取り付けます。

3ds_assemble_123ds_assemble_14
次に、外装(ボタン面)を用意し、3本のフレキシブルケーブルおよびアンテナケーブルを通します。
アンテナケーブルを先に通し、その後でフレキシブルケーブルという順で行うと、やり易いと想います。

この時、本体上部に取り付けたパーツが外れてしまう場合があります。
そういった場合は、セロハンテープで一旦固定しておくと作業しやすくなりますよ!

3ds_assemble_153ds_assemble_16
次に、○の位置にヒンジパーツを取り付けます。
上画面の背中から左下の位置に、ヒンジパーツを挿入するスペースがあります。
これで、上下がドッキングされました。

3ds_assemble_17
外装(背面)を閉じましょう。

3ds_assemble_183ds_assemble_20
上画面の周囲6箇所に、黒色(短)の+ネジ(短いもの)を締めます。
その後、エアダスターで画面のホコリを飛ばし、アクリルパネルを上画面に貼り付けましょう。

3. ボタン類の取り付け

3ds_assemble_193ds_assemble_21
お知らせランプ部分のクリアパーツや、各種ボタン・シリコンラバーを取り付けます。

3ds_assemble_213ds_assemble_22
長く伸びた黒色のアンテナケーブルは、画像を参考にピシリと配置してください。
その後、下画面ユニットを外装に乗せます。

4. メイン基板の組み込み

3ds_assemble_24
3本のフレキシブルケーブルが伸びておりますが、最も内側のケーブルをメイン基板に接続します
このケーブルは上画面液晶のものです。
ケーブルをしっかりとコネクタの奥まで差し込み、ラッチを閉めます。

この作業は少々やり辛いので、ケーブルを痛めないように注意してください。
また、ここでケーブルがしっかり差し込まれていないと3DSが起動しません
3DSは上画面・下画面・無線モジュールへの通電ができないと、自動シャットダウンする仕様があります。

合わせて、ボリュームスイッチ基板を外していた方は、基板に接続しましょう。

3ds_assemble_25
次に、メイン基板を外装に乗せます。
ここで、○で囲った位置からフレキシブルケーブルがしっかり外に出るように注意。
その後、○の4箇所を緑金の短いネジで固定します。

5. メイン基板への接続パーツ取り付け

3ds_assemble_26
次に、残り2本のフレキシブルケーブルを、それぞれメイン基板へしっかりと接続します。
この作業も少々やり辛いので、ケーブルを痛めないように注意してください。

3ds_assemble_283ds_assemble_27
下画面ユニットの2本のフレキシブルケーブルを基板に接続します。(※)
その後、黒のプレートを黒色のネジ2本で止めます。 (※)
最後に、SDスロットのフレキシブルケーブルをメイン基板へ接続し、2箇所を緑金のネジで固定します。
(※:画像が撮影されておらず、申し訳ありません。こちらの記事の工程7を参考に、ご確認ください。)

スライドパッドのフレキシブルケーブルをメイン基板に接続します。
次に、スライドパッドを設置し、2本の銀色のネジ(長)で固定します。
スライドパッドを設置する際に、ナイロン製のスペーサーを敷くのをお忘れなく。

3ds_assemble_293ds_assemble_30
タッチパネルのフレキシブルケーブル、無線モジュール、マイク等をメイン基板に設置・接続します。

6. 本体下部の組み上げ

3ds_assemble_313ds_assemble_32
次に、LRボタンのフレキシブルケーブルをメイン基板に接続し、外装(底部)を被せます。
10箇所をネジで閉めます。(銀色の短いネジは、DSカードスロット付近に取り付けます。)

あとは、電池パックを設置し、底フタを閉めれば作業は完了です。
お疲れさまでした。

<< 1 Comments >>
  • ka より:

    電源をつけた瞬間ぶつっと上画面からなってから電源が切れます。てはずどうりにやったのですが。何日間か基盤をおいたままにしたせいでしょうか。教えてください。お願いします

コメントを残す






Stay touch with Me !!
Nintendo 3DS LL
まだ何もない。
Nintendo 3DS
Nintendo DSi LL
まだ何もない。
Nintendo DSi
まだ何もない。
Nintendo DS Lite
まだ何もない。
Nintendo DS
まだ何もない。
Sony PSP-3000
まだ何もない。
Sony PSP-2000
まだ何もない。
Sony PSP-1000
まだ何もない。